八面山

八面山

八面山について

八面山は中津のシンボルともいえる山です。
四方八方のどの方角からみてもほぼ同じ姿をしているところから八面山と呼ばれています。また、昔はこの山に矢竹が多く生えていたことから箭山(ややま)とも呼ばれています。
古くは山岳仏教の信仰を集めた修験の山とされ、それにまつわる名跡も多く存在しています。
標高は659.4mで、展望台からは豊前海や中津市街、豊前市、そして国東半島や姫島まで一望できます。

八面山のみどころ

八面山の巨石
八面山 箭山権現石舞台箭山権現石舞台
古代巨石信仰の磐座で、昔、この石舞台で五穀豊穣・家内安全・病魔厄除のために箭山権現に神楽を奉納していたといわれています。縦19.3m、横13m、周囲57.3m、面積250㎡、畳152枚敷。石舞台としては日本一の大きさを誇ります。
八面山 和与石和与石
『八面山縁起』によると、和与石は「大宝元年(701年)に、八幡大菩薩が唐の国から帰り、英彦山にいた僧・法連と宝珠の授受につて争ったのち、この地で和与(和解)したときに御座した巨石」となっており、石体の大神であるといわれています。
八面山 金色の鷹石・犬石金色の鷹石・犬石
箭山神社にある巨石群の中で、鳥のくちばし形をしているのが鷹石、隣の低いところにあ るのが犬石。和与石に縁のある巨石といわれ、八幡大菩薩が金色の鷹に変化し、金色の犬を召しつれて八面山に飛び帰り、法連と和与(和解)したのち、この巨石になったといわれています。
八面山 大池八面山大池
農業用水としての貯め池です。海門禅師が雨乞いをすると、美しい女の顔をした龍が珠を授けて雨を降らせたという「龍珠伝説」が残っています。
八面山 箭山神社箭山神社
箭山神社には、神功皇后、応神天皇、比売大神が祀られています。御神体は神殿左横にある巨石(鷹石と犬石)と神殿の南西にある八面山大池です。古記録などによると、「大宝元年(701年)に僧法連によって開かれた」とあり、参道左側には、開山を記念して建立された角塔婆が現在しています。大分県では最も古い物です。
修験の滝
八面山は古来信仰の霊山とされており、修験道場として栄えていたことなどから、この滝は別名を「修験の滝」といわれており、雨で水量が増すと荒々しく水を落とします。昔、修験の滝をなす川を「はらい川」と呼んでいました。それは神仏を礼拝する時、この川の水でみそぎ(身体を洗い清めること)をしていたからでです。山伏は強靭な精神力を養うために凍りつくような酷寒のときにも、この滝にうたれたり滝つぼの氷結の上に坐したりして厳しい修行をしていたといわれています。

神護寺の釈迦涅槃像神護寺の釈迦涅槃像
神護寺の涅槃像は初代住職篠原覚瑞師が、昭和41年10月に発願し、霊山である八面山に幾万年も眠る巨石に、釈迦の入滅する姿(頭を北に、顔を西にして足を重ねた姿)を刻み、昭和47年5月28日に完成しました。これを拝む人々に釈迦の遺徳を偲んでもらい、平和公園に祀る日米兵士の霊を慰めるため、さらに世界平和の願いを込めてつくられたものです。仏師は国広石峯・秀峯父子(福岡市)。全長7.88m、高さ1.4mで、自然石に刻まれた涅槃像としては西日本有数の大きさです。神護寺は九州八十八所の第21札所です。
八面山平和公園八面山平和公園
昭和45年5月7日に日米戦没者の慰霊と世界平和を祈念し、公園が整備されました。毎年5月3日に慰霊の集いが行われています。
公園内の恒久平和の塔では、1993年に福岡県星野村の「平和の火」が分火され永遠に燃え続けます。また、園内には「日米両国の友好と世界平和」の願いを込めてつくられた少年平和像などがあります。
八面山しょうけのはなしょうけのはな(八面山山頂)
八面山山頂(標高659m)は「しょうけの鼻」と呼ばれています。
昔、薦八幡の神が悪さを繰り返す鬼を退治する際に、鬼の使っていた「しょうけ」(竹ひごで編んだザル)が山頂に引っかかったことから「しょうけの鼻」と名付けられたという伝説があります。
山頂は遊歩道入口から約25分。遊歩道にある4つの展望地からは耶馬渓、由布岳、国東半島などがみれます。

詳細情報

住所 〒871-0103 大分県中津市三光田口
TEL 0979-43-2050 (中津市三光支所地域振興課)
ホームページ http://www.city-nakatsu.jp/kankodocs/2011100100208/

地図

関連記事

  1. 長谷寺

    長谷寺

  2. 秣城跡

    秣城跡

  3. 写真がありません

    八面山金色温泉湯あがり茶屋

  4. 箭山 香露庵

  5. 八面山写真

  6. 折戸渓谷

    折戸渓谷