古羅漢

古羅漢の景

羅漢寺前に屏風を拡げたように、頂上に怪奇な岩峰や天然橋を持った高さ100mほどの丘が続いているのが古羅漢の景です。羅漢寺に入るには、この古羅漢の下のトンネルを通るのが本道なので、その景色はまるで羅漢寺の山門のように見えます。

トンネルの最高峰を飛来峰、その北に二つの洞穴のある峰を天人橋、尾根続きの南に大きく突出する岩峰群を五塔峰と呼びます。古羅漢の名称は、山上に羅漢様が並んでいる様相からつけた名前のようで、昔話に、付近の石仏が一夜のうちに、この様に飛び移ったという伝説もあります。

古羅漢の前に公共駐車場がつくられ、山上にかけて自然歩道も整備され、途中には、天然岩屋に石仏、近くに毘沙門天磨崖仏、国東塔などがあります。断崖の上に立つ国東塔は、室町時代の作品となっています。

古羅漢の景は、羅漢寺の景とで、羅漢寺耶馬渓の代表地となっています。羅漢寺は人文景観、古羅漢は自然景観を誇り、両者がよく調和しているところが魅力です。

詳細情報

住所 中津市本耶馬渓町折元、跡田

地図

関連記事

  1. 中津市のご紹介 自然編(英語版)

  2. 大谷渓谷

    大谷渓谷

  3. 禅海和尚の像

    禅海和尚の像 写真

  4. 万千百園

  5. 耶馬渓橋(近景) 写真

  6. 魔林峡

  7. 古野酒店

    古野酒店

  8. 中津市のご紹介 体験編(英語版)

  9. 中津市のご紹介 紅葉編