一ツ戸城跡

一ツ戸城跡

一ツ戸の領主中間氏の居城跡。城主中間統胤は官兵衛の傘下に加わりました。
一ツ戸城は、豊後・筑後との国境に近かったため重要視され、中間氏はそのまま城番として置かれました。
城跡には細川期に整備された石垣などが残っています。
【市指定史跡(昭和53年12月1日指定)】

詳細情報

住所 大分県中津市耶馬溪町大字宮園字一ツ戸

地図

関連記事

  1. 自性寺(大雅堂)

  2. 中津市歴史博物館

  3. 福澤諭吉旧居・福澤記念館

  4. 旬菜館

  5. 中津市のご紹介 自然編

  6. 八面山神護寺涅槃像

  7. 山本登久の墓

  8. 浄安寺

  9. 写真がありません

    耶馬溪交通有限会社